2つの機械の違い

オフィスコーヒーを導入することで、機械一つで簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。
そんなオフィスコーヒーを提供する業者では、大きく分けて2種類の機械を提供しています。
一般的な機械の一つが、自販機型のオートタイプです。こちらでは、様々なメーカーの飲料を扱うことができます。
コーヒーだけでなく、ココアや紅茶などを淹れることも可能なので、ラインナップにバリエーションを持たせることができます。
また、通常の自販機のように販売機能を持たせることも可能なので、利用方法の幅が広い事が大きな特徴となっているのです。
オートタイプは、オフィスだけでなく、カラオケやファミレスなどのドリンクバーでも見ることができます。非常に多くの場所で活躍しているのです。

オフィスコーヒーがレンタルするもう一つのタイプが、セルフタイプです。こちらは、家庭用のコーヒーマシンと同じような使用感となっています。
内部にコーヒー豆をセットし、ボタンを押すことで1杯ごとに抽出を行います。出来立ての味をすぐに楽しめることが、セルフタイプの魅力となっています。
また、様々なコーヒーを淹れることができます。エスプレッソやカフェラテなどを機械が自動的に作り分けてくれるので、機械一つで様々な味を楽しむことが出来るのです。
サイズもコンパクトなセルフタイプは、多くのオフィスで利用されています。場所を選ばず、色々な所に設置できることが大きな魅力なのです。
オフィスコーヒーを導入する際には、オフィスの広さや扱う飲み物の種類に応じて、使い分けることが効果的な利用法となるでしょう。

ページのトップへ戻る